ブログトップ

カナリヤの森にようこそ!

kanariya17.exblog.jp

Inner peace. inner light 瞑想とお茶会#3

c0327057_21443019.jpg

3回目を迎える新屋賀子さん企画による、
音と スイーツの瞑想の会です。
毎回、この会のイメージで創るスイーツも楽しみのひとつ!
音とスイーツのコラボを企画くださった賀子さんと参加される皆さんに感謝しつつ、一期一会のスイーツを提案させていただいています。

この会のきっかけとなった、ベトナムのティク・ナット・ハン師の本を私も拝見しましたが、読んでいるだけで、暖かな広がりを感じ、体が緩んでくるのを感じました。
今回はそのティク・ナット・ハン師の瞑想法を実践し、講座を行っている小澤純子さんがゲストとしていらしてくださるとのこと、私もとても楽しみにしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨年秋、この会を始めたとき ヴェトナムの高僧ティク・ナット・ハン師の本を偶然手にして、
本からもあふれてくる、その穏やかで慈愛に満ちた感覚をみなさんとご一緒に味わいたいと思ったのでした。

ティク・ナット・ハン師は、アップル社のスティーブ・ジョブスやGoogleを始め、西欧の大企業でも実践されているマインドフルネス瞑想法を伝えた人です。

この瞑想の会では 1回目はピアノで、2回目はヴォイスヒーリングのranaちゃんの宇宙の歌を届けていただきさまざまな形で内なる宇宙に触れていただきました。

3回目の今回は、ティク・ナット・ハン師のマインドフルネス瞑想法を実践し、講座なども行ってこられた小澤純子さんにその具体的な方法を教えていただきます。

カナリヤの森 朝子さんの素敵なスイーツに加え今回も素晴らしいゲストをお招きすることができ、specialな会になりそうです。

生活のすべてが瞑想であるという ティク・ナット・ハン師の教えをご一緒に体験しましょう
初めての方もぜひご参加ください。

【日時】2018/2/18(Sun)
    14:30〜16:30

【場所】カナリヤの森 JR横浜線・京王線 橋本駅よりバス
    お車の方は事前にご連絡ください。

【参加費】4,000円(スイーツ・お茶代込み)


【プロフィール】
◇小澤 純子
臨床心理士。小・中・高・大学のスクールカウンセラーとして、さまざまな問題を抱えた子供達の相談を受けるとともに、大学の非常勤講師として講義も行う。
2010年にティク・ナット・ハン師の「ビーイングピース」の本に出逢い、日常生活の中に瞑想のプラクティスの実践を取り入れている。フランス、タイ、香港のリトリートに参加。
市民講座や大学の授業でもマインドフルネスを伝えている

◇新屋賀子(ピアノ、うた)
幼少期より、ピアノと作曲に親しむ。
臨床心理士の仕事のかたわら音楽活動を続け、ライブコンサートの他、舞やヨガ、造形作品とのコラボレーションや、楽曲提供などの活動を行なってきた。
一音の響きに魅せられ、心理と重なる領域で音を使った講座を一般、学生、子どもなど様々な対象向けに行い、五感や心身に働きかける音の神秘を追求している。
ネコヤナギ楽団、pa-yo、メルヘントリオ等を結成、和楽器や民族楽器など様々なアーティストとも活動中。
http://pianoheart.jimdo.com/

◇野崎朝子(スイーツ) カナリヤの森店主
雑誌や広告のインテリアスタイリストとして活動後、息子の障害をきっかけに、心と体の繋がりに興味を持ち、色彩心理をはじめとする心理学やクラニオセイクラル、アレクサンダーテクニークを学ぶ。並行してマクロビオティックも学ぶ。現在はそれらにとらわれることなく、季節の素材をナチュラル、シンプル、インスピレーションをテーマに料理とスイーツを創っている・・・が、実は今までの経験すべてがカナリヤの森のさまざまに生かされていると感じている。
http://kanariya17.exblog.jp/

【ご予約・お問合せ】
yorikomusic*gmail.com(新屋)
または
buccaboo1017*gmail.com
042-762-4303(カナリヤの森)

*少人数の会となりますので 必ずご予約ください。
*駐車場に限りがありますので、お車の方はご連絡をお願いします。
*開始前に カナリヤの森の滋養に満ちた美味しいベジランチも頂けます。ご希望の方は 2/12までにご予約ください。(その後も材料があればご用意できますが、万が一お断りする場合もあります)

*床に寝転がったり 楽な格好で参加していただきます。
上にかけるタオルケットやストールなど必要な方はお持ちください。






[PR]
by kanariya258 | 2018-01-28 17:28 | 講座・ワークショップ | Comments(0)
<< はなうたワーク Vol.6 1月28日 Mihokoさんの... >>